2014年09月10日

初めてのマンガ

小さいころから色々なアニメを見てきたけど、マンガを読んだのは2回くらいしかない空豆。
買うのはいつも小説ばかりで、2日に1冊ペースで小説を読んでいるんじゃないかな。

でも、そんな空豆、初めてマンガ本を買いました〜。
なぜそんなことを話題にしたかというと・・・・驚いたから。色々な意味で。

上記のような空豆が、初めてマンガ本を買ったという事もさることながら、一番驚いたのはその選択。
正直「何でそれ?」「どこら辺が君の琴線にひっかかりましたか?」といった感じ。

空豆が初めて買ったマンガ本は、『鬼灯の冷徹』でした〜。しかも5巻目のみ。1冊。

ママですら知らなかったので、どこでこの本を知ったのか聞いたら、
「3DSのアプリの紹介でみて、おもしろそうだったからアニメを見てみたら面白くて買った」
だそうな。
なぜ1巻から買わず5巻なのかをきいたら
「5巻目の話が一番面白かったから」
だそうな。

理由を聞けば、別に大したことじゃなく納得、な、お話だったわけだけれども、マンガがあるという事はどこかで掲載されているマンガという事なわけで、ネットで調べてみたらモーニングに掲載のマンガだった。

でも、このマンガ、主な舞台は日本の地獄で、そこの住人たちを中心に地獄の日常をコメディタッチにかいているもの。
まぁ見てみると面白いんだけれども、たとえばフェアリーテイルだったりリボーンだったり空豆が好きなアニメは他にもいっぱいある中、なぜこれを『買う』までに至ったのか・・・・謎でありまする。

DSC_0451.jpg


posted by 空豆ママ at 13:15| Comment(2) | 育児日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。