2008年05月22日

急角度

080522.jpg今日も空豆と自転車でお散歩。
散歩途中、写真の場所で空豆にっちもさっちも行かない状態に(* ̄m ̄)プッ
本当はこの脇に整備された道路と歩道があって、そちらを通れば全く問題なく通れる。
でも空豆は今日はどうしても写真の草ぼうぼうと生い茂ったところにある角度が急な道を通りたかったみたいで自転車を進ませた。
もちろん自転車乗ったまま登れるはずもなく、少し上っては下がってきて〜、少しバックしてから再度チャレンジ、また少し上っては下がってきて〜・・・を7回。
8回目でやっと自分には無理だと見切りを付けられたようで、自転車から降りて引っ張ろうとした。
がっ、ピクリとも動かず、にっちもさっちも行かない状態なのがこの写真。この場所、大人でも加速つけないとなかなか登れない。
結局はママが自転車を上まで上げた。
まぁ、チャレンジする事はいい事だ♪


posted by 空豆ママ at 00:00| Comment(4) | 育児日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空豆ちゃんは頑張りやさんですよね〜
あきらめずに何でもチャレンジしてえらいなぁといつも思います。
うちの息子なんて小学生になったのにまだ補助輪付いてる自転車に満足していて、取って練習しようとしません、、、男の子なのに困りものです。
ちなみに未だにメリーゴーランドにも乗れない怖がり者です〜
Posted by こりす at 2008年05月23日 11:10
今まで出来なかったことが少しずつ出来るように
なってきてなんでも挑戦しないと気が済まないのでしょうね(^^)
今まで出来なかったのを早く取り戻そうと
無意識のうちにがんばるのかもしれませんね!

出来たり出来なかったりを繰り返しながら
ドンドン出来るようになってゆくと思います(^^)

がんばれ〜〜〜!!
Posted by しげじい at 2008年05月23日 20:17
まずやってみる。
とりあえず自分の力と相談してみる。
その後、工夫してみる。
それでも出来なければ人の力も借りてみる。

全て大切な事だよね。
空豆はおりこうさんだ。うん。
Posted by ake at 2008年05月23日 22:07
空豆ママ→こりすさん
そうでもないですよ。腰が引けてやりたがらない事もあります。
痛い思いや嫌な思いをした事はやりたがらない事多いですしね。
空豆もたぶん小学生になっても補助輪ついてる気がします^^;
そういえば高所恐怖症とか私の周りでは男性の方が多い気がします。もしかしたら男の子の方が高いとか早いとかまわるとか苦手と感じる人が多いのかな。どうでしょう。



空豆ママ→しげじい
今まで出来なかった事を早く取り戻そうとしている感じはなんだかわかります。
個人が意識してとかでなく、人間自体がそういう風に出来てるのかも。
結構小学生くらいになると皆同じように出来てたりしますもんね。
帳尻が合うようになっているのかもしれません。
これからも頑張って欲しいです♪



空豆ママ→ake
そういえばちゃんとそういうプロセスを踏んでいるね。
子供ってやっぱすごいね。
誰に教えられるでもなく、そういうプロセスを経て自分のモノにするやり方を知っているんだもんね。
多分子供の頃は誰でもそうやって成長していたんだよね。
どこからいつからそれを持続する人、やめてしまう人の差が出てくるんだろう。
子供のまま成長できればいいのに。
Posted by 空豆ママ at 2008年05月24日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。