2013年11月07日

遺伝子検査の結果

新たに発見された遺伝子検査の結果を聞きました。

今回検査したのは、敵(ウィルスや菌など)が侵入したときに、顆粒球がどのように働くかという点だったんだけど、空豆の顆粒球は、

攻撃する機能が正常=今現在判別しているモノだけでいうと、血球貪食の原因は家族性ではないといえる

という事になったそうな。

家族性、ポリオの予防接種、感染・・・原因と考えられるものは4,5個あがっていたけど、これといった決め手がなく、発症してから11年。『家族性ではない』と明確な返答が返ってきたのは初めて。

良かった〜。
NK活性の値は毎回低いけど、とりあえず感染したときちゃんと正常に機能していることが判明しただけで、ちょっと気持ち的に余裕が持てるかな。


posted by 空豆ママ at 09:55| Comment(3) | 定期外来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったですね〜〜(^^)
空豆ちゃんの身体の中の抵抗力もアップしてきたんですね!
ますます元気になっていくように(^^)
Posted by しげじい at 2013年11月11日 05:24
感染した時に正常に機能している、ということがわかって、少し安心ですね。
発症から11年目にしてわかる事実・・・というのもすごいです。
これからもお互い、元気に過ごせますように。
Posted by にこ at 2013年11月13日 09:17
空豆ママ→しげじい
はい♪なんだかちょこっとだけすっきりした気分です。
いつもありがとうございます♪



空豆ママ→にこさん
そうなんですよ〜。ちょっとすっきりしました。
遺伝子これからもまだまだ発見がありそうです。
お互い、元気に過ごしましょ〜。
Posted by 空豆ママ at 2013年11月27日 13:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。